お金を出してでも手に入れたい男性、お金の為なら思切った事をする女性、それが援助交際です。

男性の欲望を満たすには、やはりお金が必要となってきます。相思相愛の恋愛をしている男性ばかりではありませんので・。
また、女性の方も「私にどれだけのお金を出してくれるのか?」と言う気持ちを持っている事でしょう。

いま激アツのバレずに不倫ができる不倫出会いサイト


 
援助交際は、男女双方がお金の交渉をして成立するのです。
 見ず知らずの男性と肉体関係を持つ女性ですから、「5千円でいい?」と言う男性など相手にしないでしょう。
金額が低すぎて女性は納得しません。最低でも3万円は出さないと女性と援助交際はできないでしょう。
それ以上の金額を出せる男性もいるでしょうし、「3万円かぁ・。4万円ならOKするけど・」。と言う女性も中にはいます。
当事者同士で、金額の交渉をするのでしょうけど、相場は大体3万円ではないでしょうか?
 このような金額を、月に何度も出す事ができる男性は少ないと思います。だからこそ、貴重なその日を男性は楽しみにします。
3万円や4万円と言うと、男性の収入からすると厳しい金額かも知れませんが、それでもしてみたいのが援助交際らしいですね。
男性達が援助交際をするのは、恋愛目的などありません。自分が支払う金額に見合った分は楽しもうと考えているだけです。
そして、女性だって同じく、お金をもらう為には仕方がない・・と思っているだけです。
女性にしてみれば、短時間で数万円が手に入るわけですから、「まぁ、少しの時間辛抱していればいいわ」的な気持ちです。
おまけに「誰かに迷惑をかけている訳でもないし、自分の身体を自分がどうしようと自由だし・」と思っているようです。
このような考え方の女性達が多いと、なかなか援助交際はなくならないでしょう。
 もしも、男性が女性に支払う金額を千円単位にしたなら、女性はばかばかしくて援助交際などしないでしょう。
ところが、男性は非日常的な相手である女性と関係を持ちたいが為に、相場だと思われる数万円を出してでも楽しみたいのです。
この悪循環が絶たれない限り、援助交際はずっと続くと思われます。女性は良いバイト程度にしか考えていないのですから。
できれば、たくさんお金をくれる男性を探している女性もいます。援助交際をするのも、大きな出費になりますね。
お金を出す男性がいる限り、それを受け入れる女性がいる。援助交際の悪い連鎖反応でしょうか?

援助交際が犯罪であるにもかかわらず、若い女性の虜になってやめられない男性。

 いくら援助交際は違法だと叫んだところで、撲滅する事は不可能に違いないでしょう。
「誰にもバレなければ、これほど素晴らしい事はない。お金さえ出せば、若くて美しい女性をこの手に抱けるのだから」。
と思っている男性達がいる限り、援助交際の欲望の渦は消えません。
 男性だけが援助交際を望んでいても関係は成立しません。そこには、やはりお金を欲しがる女性がいるから成立するのです。
男性達はアダルト動画では満足できず、生身の若い美女を抱きたい欲望が強くあり、援助交際をするのです。
一度でも援助交際を体験してしまうと、かなりの快感が忘れられないとみえます。そして、次の援助交際を企むのです。
もう、こうなってしまうと、男性は「自分の性欲の処理は、援助交際に限るな・」。と思ってしまうでしょう。
 援助交際の魅力にとりつかれてしまった男性は、援助交際が違法である事をすっかり忘れてしまうようです。
快楽に負けているからですね。非常に危険な精神状態だと思えてなりません。客観的に考えられなくなっているのですから。
物事の良し悪しなど考える事無く、頭の中は援助交際の事でいっぱいになるのかも知れません。
 毎日、無事に仕事をこなしており、それなりに平和な暮らしを送っていても、
援助交際がきっかけで、今まで積み上げてきたものが、雪崩のように崩れ去ってしまうかも知れないのですよ。
「援助交際なくして、何が己の人生か?」と考えるようになってしまった男性には、何を言っても無駄でしょう。
社会的地位や信頼を失くして、汚名だけが残った時に気が付くのでしょうか?遅すぎます。
 援助交際で失うものの大きさに気づいて、やめる事ができる人は取りあえずセーフとしましょう。
ですが、取り返しがつかなくなるまでやめられなかった人は、最悪の人生を送る事でしょう。
それでも、援助交際は素敵な事だと言い切れる人がいるのは、病的なほど快楽主義者なのかも知れません。犯罪だと言うのに・・。

援助交際をすれば、精神的後遺症が起きるでしょう。

 中学生には中学生に相応しい生活があるはずです。親としては、「お小遣いをあげているから大丈夫」と思っているでしょう。
しかし、彼女達は「親からもらうお小遣いでは足りないわ」。と思っている子が多いものです。
特に、中学生くらいの時期は、仲間と流行を追いたい気持ちが増します。持ち物だってブランドが欲しくなるでしょう。
中学生がブランドを持つと言うのは、大人からすれば身の丈に合っていないと思うのですが、彼女達は欲しくてならないのです。
ブラントではなくても、新しいバッグやオシャレな靴を買いたいのでしょう。そして、休みにはデートをしたい事でしょう。
彼氏がいれば、もっと自分を素敵に見せたくなる気持ちも湧くでしょう。彼氏の誕生日にはプレゼントだってあげたいはず・・。
どう考えてもお金が足りないのは目に見えてきますよね(笑)でも、中学生はバイトができません。
「はやく高校生になってバイトしよう。そして、お小遣いを作ろう」と思うような子は、ごく普通の高校生です。
 親としては「高校生になったのなら、バイトの一つでもして、自分のお小遣くらいは稼ぎなさい」。と言うかも知れません。
親からお小遣を貰えない高校生は、「バイトをしなくちゃ」。と思うだろう・。
しかし、「あんたバイトでいくら稼げるの?私なんて、ちょっとの時間で5万円は儲かるよ」。と言う話を聞けばどうでしょうか?
「同じ高校生だと言うのに、稼げる金額がこうも違うとは・」と興味を示しだすのです。悪の道へ踏み入ってしまうのです。
 仲間の話を聞いて、「大人に身体を許すなんて・・」と拒否反応が出る子は、援助交際をしないでしょう。
ところが、「そんなに簡単にお金がもらえるなんて」と思ってしまう子は、援助交際を実行してしまうのです。
とてもお金が欲しい時期なのかも知れませんが、踏みとどまる事ができない子がいるわけです。
「泥棒をしている訳でもないのだから、別に悪い事をしていないわ」。とその時は、自己正当化する気持ちはあるものの・。
いつしか、明るい高校生活を送っている女子を見た時、「あの子達は援助交際などしていなのだろうな」。と思う事でしょう。
または、「何故、援助交際などしてしまったのだろう。バイトを熱心にしていた方が充実していただろうに・」。と思うのです。
「もう、後悔してもしきれない。過去を消し去る事はできない。自分は汚れている。誰も信じられない」。
と思うようになるのです。思春期は誰でも揺れる時代なのかも知れませんが、恋に悩むのとは訳が違います。
援助交際は決してしてはならない事なのです。健康管理をするように、精神面でも自分をコントロールして欲しいものです。
流されず、後ろめたいと思うような事に手を染めないでください。明るい未来があるかも知れないのに、もったいないですよ。

援助交際を軽く考えている女性達が多い。

 援助交際を卒業した女性がいます。言ってみれば援助交際のOBでしょうか?
今現在、援助交際をしている女性達の先輩だと言える女性です。彼女は、援助交際をしていた過去を後悔していないようです。
援助交際をしていた過去など、まったく知られずに新しい人生を送っているのです。
素敵なご主人と一緒に平和な結婚生活を送っています。
 偏見を持たれると申し訳ないのですが、
たとえば、水商売をしている女性なら、「あの女性は、以前スナックで働いていたらしいよ」。と噂をされる事があるでしょう。
または、「流石にクラブの女性だっただけに、垢抜けているな」。などと言う人もいるかも知れません。
何が言いたいのか?と言うと、スナックやクラブで仕事をしていた女性なら、他人に知られる事がある訳です。
ですが、密かに援助交際をしていた女性の場合は、誰にも知られないと言いたいのです。
実際に、この彼女の夫は知らない訳ですし、まさか本人が言うはずもありません。
 彼女が援助交際をしていたのは、実に軽い気持ちからだったと言います。
男性と関係を持つ事に対して抵抗がある女性なら、そうそう簡単に援助交際はできないはずですが、
彼女は深く考えない女性だったからできたのでしょう。若い時代と言うのは、欲しい物があると辛抱ができないのでしょうか?
すべての女性がそうだとは言いませんが、彼女の場合、「あれが欲しいから援助交際で稼ごう」と思うタイプだったのです。
しかも、「お金に困った時は援助交際をすればいいかな?」的な気持ちで過ごしていたと言います。
 彼女は携帯サイトに登録をして、援助交際をしていたのです。サイト側が援助交際相手を斡旋してくれるシステムです。
当然、携帯サイト内ではルールはあります。援助交際は社会的に認められていないのですから、秘密にしなくてはなりません。
彼女はサイトから男性を紹介される訳ですので、紹介料をサイトに支払うのもルールの一つです。
何故なら、サイトに登録をしただけでは、援助交際相手を勝手に作るとルール違反になるからです。
あくまでも、サイト側が紹介した相手と交際をする仕組みであり、その紹介料をサイト側は受け取る訳です。
この仕組みが彼女には気に入らなくて、彼女はサイトのルールを上手く誤魔化して、直接相手を探したと言います。
ですから、紹介料はサイトに支払わずに、彼女は丸儲けってわけです。
 ここまでの話だと、彼女は相当なやり手だと思われそうですが、援助交際で得た収入を、堅実に貯蓄しているのです。
そして、今の穏やかな生活を送っているわけです。その過去に援助交際があったとは誰も知らない・・。
若い時代は思い切った事をする人がいると言いますが、
彼女のように、援助交際をし、尚且つ貯蓄もしており、何事もなく無事に暮らしている女性がいるのも確かです。
現在は27歳の彼女ですが、彼女の過去は微塵も知られる事はないでしょう。このような例を真似る女性が増えそうでなりません。
危険と背中あわせの援助交際ですし、たまたま彼女はトラブルに遭遇しなかっただけかも知れませんよ。

需要と供給があるから援助交際はなくならない。

「お金の為なら、少しくらい男性の相手をしてあげても良いかな?」と思っている女性がいます。
そして、そのような女性を相手にする男性がいます。この様な関係を援助交際と言います。
 援助交際は、社会的に良いとは言えないのですが、行われている事実があるのは、男女が合意しているからでしょう。
男性側は、お金を女性に出す訳ですから、男性の要求に女性は応じなくてはなりません。
男性側としては「主導権は俺にあり」。と思っている事でしょう。
では、女性はどう思っているのでしょうか?「私の肉体が欲しいならお金を出すのが当然だわ」。と思っているかも知れませんね。
ですけど、男性はお金を出して女性を買っている立場なので、ここはやはり、男性に従うしかないでしょう。
どんなに気の乗らない相手だとしても、援助交際をOKした以上は、しばらく辛抱しなくてはなりません。
「いくらお金を出す男性とは言え、こんな相手とは早く済ませて、もらう物をもらって逃げたいわ」。と言う顔はできません。
男性は「お金を出す分・楽しませてもらうからな」的な気持ちが強くあると思います。
それなのに、いかにも不愉快な態度を女性がとったりする、男性の怒りを買う事でしょう。
つまり、援助交際をするからには、女性はそれ相当の覚悟をしておくべきなのです。
中途半端な気持で援助交際はできないと言うわけです。
「イヤな相手なら逃げてやるわ」と思う気持ちがあるなら、最初から援助交際などしない事です。
「援助交際をする時は、少しでもましな相手を探すから大丈夫よ」。と女性は思っているかも知れませんが、そうでしょうか(笑)
お金を出して女性を買うような男性ですよ・・。素敵な男性がいるかな?と思いますが・。
まぁ、お金欲しさに援助交際をする覚悟ができている女性は、肝が据わっていると思う事にします。
男性を選り好みする気持ちがある女性は、援助交際に不向きだと思いますけど・・。
できれば援助交際などしないで欲しい・・と言うのが個人的な意見です。
それでも援助交際をするのであれば、トラブルにならない為にも、男性に従ってください。「約束が違う」と言われないように。
または、「そんな無愛想な顔をするな!」と怒られないようにね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ